葬儀の多様化と日本の宗教形式について

葬儀の時だけお世話になる日本人の宗教

宗教とは、各々の宗教が教える死生観に基づき、人間とはどう生きるかということを説くものです。
さて、そんな宗教ですが日本人と宗教の強いかかわりと言うと葬儀くらいなものじゃないでしょうか。
とはいえ死生観を説くというよりは、「お葬式は仏教」という、ただの習わしからくる価値観の方が強いのが特徴でしょう。

日本の仏教の特殊性

仏教の死生観である輪廻転生という感覚は根付いていますが、それでもお葬式をするのなら仏教という感覚にしか過ぎません。
そもそも日本で仏教形式の葬儀が根付いたのも物理的な問題です。
一時期、日本固有の宗教である神道を守るべく仏教は禁止されたのですが、神道に倣う埋葬方法だと何かと問題が生じてしまうのです。
土葬では土壌汚染や感染症が懸念され、そもそも国土が狭い日本では土葬するだけの土地を確保できません。
そこで火葬を持ってくるほかなくなりました。

合理的な要請が土葬を火葬に変えてしまいました

もともと宗教観念が低い日本人ですので、宗教が説く死生観云々よりも合理性を求める傾向が強いようですね。
そして、その傾向は現代になってさらに強く現れてきています。
仏教の輪廻転生、神道の先祖崇拝は日本人に根付く死生観ではありますが、それを心の底から無心で信仰する心を大半の日本人は持っていません。
なぜならば、死後の世界は誰にも知る由がないからです。
そのため他の宗教にも寛容なのがいい部分でもありますが、それゆえにお葬式は仏教でなくてもいいという考えも広まってきています。

自由な葬儀の形式が選ばれるようになっています

法的にも埋葬方法に対する規定はありますが、葬儀の形式にたいする規定はありません。
なので必ずしも僧侶を呼ぶ必要もないでしょう。
最近では、一般葬に加え家族葬、密葬、自由葬などがあります。
独自の価値観で死生観を考え、最適な葬式を選ぶようにしましょう。