みんなが考えるべき家族葬儀の形式について

家族葬と一般葬はどちらがいいのか

葬儀というと、最近では様々な形式があります。
もともと宗教的観念が薄い日本人ですし、高齢化社会などの社会的背景もあり、葬儀の形がひとつには収まりきらなくなってきています。
さて、今は何でも費用を削減しようという時代ですが、それは葬儀の世界も同じです。
葬儀で重要なのはお金をかけて豪華にするということではなく、故人を偲ぶ気持ちですので、葬儀にかける費用の大きさはそこまで重要ではありません。
そんな中で注目されているのが家族葬です。

みんなが気になる家族葬儀という形式

家族葬とは、家族または親族や故人の友人など一部の縁のある人のみに参列してもらう葬儀です。
内々で行うので費用は最低限に抑えることができ、ゆっくりと別れを惜しむこともできるとして都会を中心に広まりを見せてきているようです。
しかし、一般葬と決めかねているという人も少なくはありません。
家族葬では先述したように費用を安く抑えることができるというメリットがあります。

家族葬のメリットとデメリットを考えましょう

しかし、その反面では葬儀後に手間が残る可能性もあります。
その手間とは、内輪で行う葬儀となると他の関係者の方をどうするのかということです。
参列はお断りしても、相手の立場上、焼香にすら訪れないというわけにはいきません。
となると、葬儀後に焼香に訪れる方で手一杯になってしまうことも考えられるのです。
また、相手も手ぶらとはいきませんので、香典や菓子折りなどを持ってくる方もいるでしょう。
それも断ることができなければ返礼返しの負担も増えてしまいます。
この対策として、関係者を招き「お別れ会」を開くという手もありますが、それでも費用は結局伸します。
そういった点を踏まえると、生前の故人の世間との付き合い方でどちらの葬儀を行うほうがいいのかということを検討した方が望ましいでしょう。